クロロホルムダンディ 【今日の一発】文具本はヨイ
FC2ブログ
クロロホルムダンディ
特撮から国際情勢まで雑多な話題を掲載する場所です。 肩の力を抜いてお楽しみください。 ※なお、式CHCl3であらわされる化合物とは関わりありません。念のため。
プロフィール

バナナチップボーイ

Author:バナナチップボーイ
クロロホルムダンディへようこそ。
当ブログは皆様のお越しを心より歓迎いたします。
皆様からのコメント、心より楽しみにしております。
なお、当ブログはその日に感じたことをブログ主が垂れ流す趣旨の場所となっております。
またブログ主が運営する他のブログへの案内もさせていただいております。
※リンクは自由に貼ってください。



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



カテゴリー



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



今日のメカブ

mechavu_hige_face.jpg

カブ型コンピューターらしい。
危害は加えないので
いじめないでください。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【今日の一発】文具本はヨイ
さてさて今回も読んだ本について書きたい思います。
前回に引き続き、今回も文具関係の本です。

タイトルは「仕事がはかどりすぎて困る!どうにも素敵な文具術」中島 孝志著

経営や経済といった関係で名を知られた方のようで書籍の出版多数とのことです。
そういう意味では同じ文具でも前回の「究極の文具カタログ」の著者である高畑正幸氏は文具のデザイナーということで畑が違うのでしょう。
しかしながら本の性質といえば両者とも方角は同じように感じた。

・実際に使ってみてどういう風に感じたのか。
・現場でどのような運用をしているか。


両者そのことを書いている。
しかし、紹介されている文具自体はほとんど違う。
上記したが、両者は育った畑が違うと思う。
一方はデザイナーという技術であるし、もう片方は経営経済で営業マンも経験したということである。
働くと簡単にいっても環境が違えば、メモの手段からペンまで変わるということであろう。
ものを制作するためのツールとものを売り込むためのツールの違い。
二つを読み比べなければならないが、感想としてはそんな感じだった。
これはあくまで二冊を読んでみてのことだ。

これ一冊の感想としては各文具に対するエピソードと運用方法がきっちりと書かれている。
営業というのはずいぶんと色々と持ち歩かなければならないのだなと思う。
あとは持ち物を他人にみられているということを意識しなければならないのだろうなとも思う。

感心したことが多い。
運用のしかたもそうだが、文具メーカーのテクノロジーについてでもある。
この手の本は読んでいて楽しい。
なんだか、ほのかに癒される気がするのはバナナチップだけだろうか??








スポンサーサイト

テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌


この記事に対するコメント
ひさしぶりの更新で感動の涙がとまらない。

次は是非MGジンクスでプラモ記事更新してほしい。
【2010/03/07 17:24】 URL | コヘイさんサンダー #- [ 編集]

マジでジンクスは購入候補。
【2010/03/08 17:14】 URL | バナナチップボーイ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://springtrial.blog67.fc2.com/tb.php/579-63bff71c



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。