クロロホルムダンディ 2011年11月
FC2ブログ
クロロホルムダンディ
特撮から国際情勢まで雑多な話題を掲載する場所です。 肩の力を抜いてお楽しみください。 ※なお、式CHCl3であらわされる化合物とは関わりありません。念のため。
プロフィール

バナナチップボーイ

Author:バナナチップボーイ
クロロホルムダンディへようこそ。
当ブログは皆様のお越しを心より歓迎いたします。
皆様からのコメント、心より楽しみにしております。
なお、当ブログはその日に感じたことをブログ主が垂れ流す趣旨の場所となっております。
またブログ主が運営する他のブログへの案内もさせていただいております。
※リンクは自由に貼ってください。



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



カテゴリー



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



今日のメカブ

mechavu_hige_face.jpg

カブ型コンピューターらしい。
危害は加えないので
いじめないでください。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



【今日の一発】ITパスポート
本日、出かけて家に帰ると一枚の封書が。

中にはこないだ受けて見事に合格したITパスポートの合格通知が。
きちんと経済産業大臣枝野幸夫という名前が。

今後、彼が政治家としてどのような道をたどるかは不明です。
しかし、もしかして上に行けば、記念にはなるかな??

そういえば、近頃、バナナチップは資格試験に凝っていたりします。



スポンサーサイト



テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム


【今日の一発】丸善に行ってきた
本日、街場の丸善に行きました。
ええ、札幌市民ならば知っている人もいるかと思います。
北1条の店舗です。

オフィス街の一角にこじんまりと鎮座している雰囲気ですが、入ってみると奥行きがあります。
あの場所では中々の品揃え。
客も5、6人はいました。
しかし…なんというか、変だなと思いました。
いや、店に入った瞬間からなんですけど。
なんか、違和感があるというか。
感覚的なものを覚えていたのですが、その理由にはすぐに気づきました。

そうです。
なんだか、BGMがないんです。
普通の書店だと、耳障りではない音楽がかかっているという認識なんですが、こにはそれがない。
本当にないのかなと耳輪済ましても、やはりないんです。
たまたまさのときだけだったのか、それともいつもなのかは解らないです。
↑今日初めて行ったため。
とりあえず、本屋をたむろしている人たちというのは声を出さないというのが、暗黙の了解。
ともすれば、まったくの無音。
立つ音がないので、当たり前と言えば当たり前ですが…。
なんともこんなに静かな本屋は初めての経験でした。



テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム


【今日の一発】近頃の誘惑…。
近頃は寒い。
コンビニなど行くと、どこもかしこも、大根やらちくわやらの具がだし汁に漬かっている。

まさにおでん責めの季節です!


バナナチップは酒を飲まない。
でも、酒をたしなむ方はこういうのはたまらないのかもしれない。
まあ、酒を飲まないバナナチップでも、この頃の温度差でたまらないのである。
しかし、相手は汁物。
持ち運ぶにも気を遣う。
これからどこかに行く予定が入っていると、おいそれとは買えない。
おでんをぶらさげて様々な場所に顔を出せない。
帰りの道にコンビニがあればいいといつも思うのだ。



テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム


【今日の一発】特徴だけは頑張ったつもり!
テイルズオブジアビスというのがある。
これは数年前に発売されたバンダイナムコのRPGだ。

バナナチップ、実はこのゲームはやっていない。
しかしながら、アニメは最初のほうだけはちらりと見ていた。

つい先ほどニコニコ動画を見に行ったとき、このジアビスのMADがあった。
その中にアリエッタという敵キャラの少女がいた。
彼女はネクラッタと呼ばれていた。

色々とあってアリエッタは背骨が折れてしまった。
回復魔法などがある世界でも背骨はダメらしい。
アリエッタは残念なことになってしまっていた。

なんだか可哀想である!


どこが可哀想かというと、その生い立ちや役回りがである。
とにかく印象深いキャラだ。
そこに触発され、ついつい絵にしてしまった。
なにか他人の作品などをみたときに触発されて、自分も!ということは皆々あると思う。
しかし、これがそれと同じかどうかはバナナチップにも解らない。
001_convert_20111119191840.jpg
ステッドラーのB鉛筆でMOLESKINEに描いた。

今にも「イオン様-!!」とか叫びそうである。

それっぽくは…描けていると思う?







テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム


【今日の一発】たぶん、それは誰もが逃げられない…はず
この間の話をしてみたい。

実はバナナチップ、この間、足の小指を椅子の脚にぶつけた。


まあ、なんということはない。
自分自身こういうことは今回が初めてではないし、そういう事件は他人様の話でもよく聞く話だからだ。
きっとここを見ている皆さんも経験や覚えがあると思う。
ぶつけた瞬間に「しまった!」いう思いと、その後、一瞬の間を置いて来る痛み。

こないだ久しぶりにこの痛みを感じたのだ。
そして、歯を食いしばるほどの痛みが完全に治まった後で、ふと思ったことがあった。

足の小指を何かにぶつけるという話はよく聞く。
つまり逆をかえせば、誰もが経験有りということになる。
もう一歩深入りすると、その「誰もが」の中には有名人や著名人も入るだろう。
そのくくりの中には社会的地位の高い人や能力のある人もいるはずだと自分は考えたのだ。

ここからはまったくもってバナナチップの予測に過ぎない。
この「小指をぶつける」という経験からは、どんなにえらい人や頭の良い人でも逃れられないのではないかと。
きっとアメリカのデルタフォースに入れるくらい判断力や身体能力や注意力に長けた人でも、頭の回転の速い外交官でも、世界で有数の投資家だろうがすべてである。

そう考えるとたかが小指をぶつけるということだけだが、それは「死」のように、すべての人間に均等に訪れる何かと同種ではないかと思うのだ。
ただ、「死」というものは過去幾多のにんげんによって考えられ、思われ、研究されてきた。
ありとあらゆる形を与えられ、神となり、悪魔となり、象徴化された。
しかし、この「足の小指をぶつける」という行為を象徴化した強者はかつていないと思う。
少なくともバナナチップの知り合いにはいない。

バナナチップの知り合いには幾人か酒飲みがいる。
その人たちが、浴びるほど酒を飲んで、死に対しての自分の思いや考えを語ったのは聞いたことがある。
しかしながら、前後不覚直前で「小指の痛み」について語ったものはいない。
この小指の件が、「死」と同じように人が逃れられない「負の縁」だとしたら、なんとも不公平に世の中出来ていると思う。
人間はもう少し身近な痛みについて真剣に考えてもいいのではないかと思うのだ。
ぜひ、頭の良い人で世間に影響力があり、暇な人は、この「小指について」を考えて欲しい。
人類全体にとって、なにかが開けるかも知れない…という気がするのだ。





テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム


【今日の一発】匂いとわたし
最近自己のこだわりというか、なんとも言えない性癖に気づいた。

そう。
バナナチップは異様に匂いにこだわる。
…いや、この匂いじゃなきゃだめとか、特定の匂いに対するこだわりとかがあるのとも違う気がするが、そういう癖があるような気がしてならない。

それは人の匂いが気になるとかではなくて、物の匂いなのである。

気づいたのはこの頃である。
でも思い返すとそのふしは昔からあった。
知人や友人と話しているときのことだ。
どしてその趣味を続けているかとか、どうしてその製品がすきだという話になったとき、必ず自分は「いや、それの匂いが好きだから」と言っていることに気づいた。

子供のことである。
自分が好きな本屋があった。
それは下町の小さな本屋であり、雑誌が色々と置いてあるが、専門書の類いはそれほど置いていない規模の本屋。
バナナチップの子供の頃は、こういう店は小さな街には何件かあったが、今はほとんど見かけなくなった。
バナナチップはこういうこじんまりとした店が好きだ。
なぜなのかというと、それは、

匂いが好きだからである。


ようするにこの小さな本屋というのは狭い。
狭い中だとほんの匂いというのが充満するらしい。
どこのこういう店も本と、それと申し訳程度に置いてある文房具の匂いが入り交じり、良い匂いになる。
別に用事がなくても長居させてしまうようなそんな場所なのである。
だからなのかも知れないが、今の大型の書店というのはどうにもなじめない。

大型店の匂いはどこも似通っている。
ほんの匂いは気迫で、店舗で使用している消毒液か何かの匂いのほうが強いくらいである。
子供の時にインプットされた先入観というものは強烈な物なのだろう。
本屋はこういう匂いという物を根底に持つ、バナナチップにしてみると、どうしも「なんか違う」感が自分の感性の奥底に潜んでいる。
本屋ということで、本を物色する分には楽しい。
だが、「気持ちよさ」まで感じことはない。だからあまり大型の書店に長居はしない。
バナナチップは病気でヒザが悪いので、立ちっぱなしで歩き回る辛さもあるが、「匂い」という要素も大きいだろう。
おかしな性癖だが、バナナチップとはこういうものだ。


似たようなものにプラモデルの接着剤があり、あの独特のシンナー臭さがたまらない。
昨今、リモネンというオレンジの匂いのする背着剤がでたが、あれなどは匂いだけの話をすれば自分的には気持ちが悪い。
あの匂いがダメという人も中にはいるだろう。
確かに不快な種の匂いではない。
むしろ、清々しい感じがするし、匂いだけならば良い匂いだ。
しかし、「あれは接着剤の匂いではない」。
やはり、先入観がどこかに存在する。
そのためなのか、リモネンのは店頭で臭いをかがせて貰ったきりである。
今でも接着剤を補充するときはタミヤのシンナー臭い方である。
なぜなのかと問われれば、「だってこれが自分の中の接着剤の匂いだからだよ」。
迷わず自分はそう答えるだろう。


と、まあ、バナナチップは実は無意識のうちにずいぶんと匂いという判断基準で物の価値を決めてきたかも知れない。
たとえば、なにかを買う場合、どちらかの品物を迷うことがある。
その品物がよほど高い物でない限り、バナナチップは両方買うことにしている。
文具の消耗品などは特にそうで、スティックノリや付箋やノート。
とりあえずは候補は全部買い、使ってみたりして、最終的にどれを使い続けるかを決める。

その最終的に匂いで使い続けるかどうかの判断基準に「匂い」というのは、ずいぶんと決め手になっていると思う。
匂いが気に入らなければ、あとは性能同じくらいの物だ。
どうせならば、気持ちいい物を使いたい。
ただ、それだけが相棒を決める。
この種の話を聞いておかしく感じる人もいるかも知れないが、これがバナナチップだ。
様々な物事を匂いで決めてきた。
匂いで何を決めてきたかの話をすれば、それこそ一ブログ起こせるくらいのエピソードがある。

だから、今度、そのカテゴリーでも作ろうかと本気で考えている。
もしその記事でも読んで、なにかを感じくれることがあれば幸いだと思いつつ。
↑たぶん、そんな変なやつはいないと思うが…。






テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム


【今日の一発】簿記とネコとハナジロー
近頃、自分の中では勉強流行り。
こないだITパスポートの試験を受けて、その試験の帰り道で簿記三級の本を買った。

値段は950円だったと思う。
たぶん、わかりやすい解説のものなのだろうと思う。
何しろ、ネコのかわいいイラスト付きで説明してくれるからだ。

…まあ、解説者がネコなので、バナナチップ的には、

多少の不安もあるのでございます!


どうしてと思われる方々もおられるかと思います。
実はバナナチップとネコにはただならぬ因縁があるのです。
その因縁を昨日、何気なしに思い出したのです。


…バナナチップには子供の時代がありました。
そのバナナチップの親戚には非常にネコ好きな方がおりました。
親戚はネコを2匹飼っていました。
その雄猫と雌猫の間に子供が生まれたんですね。
たぶん、5匹か6匹だったと思います。

同じ親から生まれた猫といっても色から形からずいぶんと違う。
クロネコもいれば、トラっぽいのもいるといった具合です。
しっぽが折れていたり、くるくると巻き上がったものもいたり、特徴というのがすべて異なるのには子供心ながらに驚いた覚えがある。
みんな人なつこいやつでしたが、1匹だけにらんでくるやつがいた。
どうしてなのかわからないのですが、なにか、ぶす…とふくれているようにも見えるやつで、名前をハナジローと言った。
名前の理由は鼻だけが白いから…だった。

ある日、親戚の家の玄関口でこのハナジローと目が合った。
やはり、この子はにらむような目でバナナチップを見ていた。
たぶん、あの時の視線を生涯忘れることはないと思う…。





テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム


【今日の一発】初雪キター!
今年も大怪獣ハツユキゴンが来ました。

でも、札幌歴が長いバナナチップの経験からすると、一回は溶けます。
まだ根雪が出来て降り積もるのは先になりそうです。





テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム


【今日の一発】読書の秋はもう過ぎ去ろうとしていたが…
小檜山博という作家の本を読んでいる。
知人が「良い」と言っていたので興味を持った。

小檜山博とは小説家らしい。
ようやく手に入れた一冊は小説と言うよりはエッセイに近いだろうか。
この作者は北海道の生まれであり、同じく道民のバナナチップの耳には聞き慣れた地名などが出てくる。
思えば、地元の地名がふんだんに出てくる本は読んだことがなかった。

本というものから自分の聞き慣れた地名が読み取れるのはなんとも不思議なものだと感じるのであった。








テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム


【今日の一発】この頃の天気は気まぐれすぎ…!
すごく日が照っていて、今日は暖かいと思っていたらすぐに空が暗くなる。

女心と秋の空とはよく言った物だと思う。





【PCあれこれ】なんかスゴイの出たね!
なんだか、薄いノートPCの話題が沸々と出回っていますね。
なんでも、ultrabookとか言うそうな。

まあ、世間ではAppleのアレのWindowsのやつとかそんな認識もあるようですが。
あまり拡張性はなさそうですが、スペックは高そうです。
バナナチップ的にはあまり魅力は感じないです。

というか、こないだIconia Tab買ってしまったし;
何と言っても、薄型はキーボードになれるまで時間がかかりそうだし。
今使っているキーボードがかなりのお気に入りで、しかもタブ型ならばそれが使えるという恩恵があるため、Ultrabookは必要なかったりします。

しかし、今回もASUSですか。
以前のネットブックの時もそうでしたが、今回も流行りますかね。
いや、コンセプトが面白いので、ぜひ、このジャンルには頑張って貰いたいです。




テーマ:ノートパソコン - ジャンル:コンピュータ


【今日の一発】鍋物が食べたくなる温度…。
なんだか、この頃は鍋ものが食べたくなる季節です。
すき焼きもいいけど、魚系も捨てがたい。

うーむ、悩む…。
贅沢な悩みだけども…。




【今日の一発】ボストンベイクという店
本日、ボストンベイクに寄りました。
珍しく(?)パウンドケーキが売ってました。

そんなわけで一つ購入、318円でした。
これがクルミとか入っていてうまーなのです。
大きさも甘さもほどよい。
皆さんももしもボストンベイクに立ち寄ることがありましたら、

買ってみるがいいさ!


そして、

食べてみるがいいさ!


きっと旨いはず。

追伸:一気に3切れ行ってしまったよorz




テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム